前へ
次へ

足のむくみは早めの医療機関の受診で原因を知ること

いつも履いていた靴が履きにくくなったり、普通に履いていた靴下の後が付くようになって、足のむくみに気が付くことがあります。多くの人が足のむくみは体験をすることですが、気になって内科などの医療機関を受診するケースも少なくはありません。まだ若い世代であれば、美容としての視点で足のむくみは考えますが、ある程度の年齢を重ねた年代であれば、健康面からの視点でも見るようにします。気になる時には足のすねあたりを、軽く指で押してみることです。もしも指で押した後がすぐに消えないで残るようであれば、身体にはむくみが生じていることになります。長時間立ちっぱなしであったり、座ったままでも脚はむくみますが、内臓器官の不調でむくみを生じるのも足です。医療機関でしっかりと検査をしたほうが良いのは、足のむくみは心臓や腎臓機能の低下かもしれないためであり、早めの対処が必要になります。むくみが片足だけにでるようなら、血栓が足の静脈内部にできている可能性もあるので、安易には考えることはできません。

Page Top