前へ
次へ

美容医療によるコンプレックスの解消方法

人間生きて行く中で、一度は自分のコンプレックスと向き合った事があると思います。斯く言う私も思春期は特に自分の容姿がコンプレックスでした。目は糸のように細く、鼻はのっぺりとして横広がり、地黒で体毛が濃い。お世辞にも可愛いとは言い難い容姿に自信が持てず、元は明るかった性格もどんどん暗くなっていきました。そんなコンプレックスを少しでも解消する為に、と美容に気を遣うようになりました。二重瞼にするツールを使いこなしたり、小鼻が小さくなると噂の鼻専用のクリップを着用したり、市販はもちろん通販の除毛クリームを片っ端から試したり。色々試しているともっと効果や変化が著しい方法はないのか、追求するようになりました。二重瞼にするにもクリームで除毛をするにも肌に負担が掛かります。一生続けるのかという不安も付き纏います。そこで辿り着いたのが美容医療に頼るという選択肢です。私は二重の美容整形手術と医療脱毛の施術を受けました。ここ近年、特に若者の中で美容整形ブームが巻き起こっているように感じます。とは言え一般的にはまだタブーな風潮が残っているのは事実です。しかし私にとってはその事実よりも手術、施術を受けたことによってコンプレックスが解消された充実感や喜びの方が大きく、自分の今までの人生で一番良い買い物をしたと思っています。コンプレックスを解消する手段として美容医療を選択して、楽しく、明るく毎日を過ごしています。

Page Top