前へ
次へ

医療を受けるなら医師との相談が大切

医療を受ける場合には十分な医師との相談が必要です。現代においては医療の技術が非常に進歩しているので、どんな病気であっても治療法がただ一つということはなく、複数の治療法があることが一般的です。医師はその中から患者に最適な治療法をえらんでいくこととなります。このためは医療を受けるときにはどんな治療法があるのか、またそれぞれの治療法のメリットとデメリットは何であるか、そしてその中から最適な治療法はどれであるのか、などといったことについて十分に医師とコミュニケーションを取る必要があります。医師とのコミュニケーションをとるときに、多くの場合は医師の言うことをそのまま聞くだけ、と言った傾向がよく見かけられます。しかしこれではコミュニケーションが十分とは言えません。医師の言うことについて分からないことや疑問に思ったことは積極的に医師に尋ねることもまた重要な点です。一方的なコミュニケーションではなく、医師と患者との双方向のコミュニケーションが望まれます。

Page Top